ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

おっさんずラブ 第六話 感想

※「はるたん」は部長からの呼び名なのではないかと思ったので、今回から「春田」に呼び方を変えました。これはこれでちずちゃんや武川さんと同じ呼び方なんですが、それはそれってことで。

春田と牧くんのことを告げられてもギリギリ冷静でいようとする部長!かっこいいですよ!
まさか元奥さんとあそこまで一致団結して春田攻略をするとは。蝶子さんも部長のいいところをたくさん知ってて、ちょっと切ないです。

一方牧くんは意外な反応。
その反応が春田さんのためだっていうからまた素敵じゃないですか…。自分の幸せよりも春田が幸せになる道を、いつも探してるんだろうな。
武川さんの強引さには正直ちょっと引きましたが、これはこれで愛なんですよねー。愛情表現があまり上手くないのが武川さんっぽいというか。

牧家へのご挨拶はお母さん妹さんはかなりあっさりと。何も知らなかったお父さんはかなり怒ってましたね(笑)
でもお父さんがいる時にちゃんと連れてきたってことは本気の本気ってことでしょう。
今までも連れてきた人がいるとなると、相手が逃げないようにっていう不安もあるのかなー。自分が安心したいって言ってたし。

春田のお母さんはタイミングが悪い!言葉に悪気はなくて、想定してないとはいえ今一番言っちゃいけないやつですよ色々と!
忘れ物しなきゃちずちゃんを抱きしめるもの見ずに済んだのになぁ。告白するの知ってて目撃した上に抱きしめてたら悲しすぎる。
っていうか何で春田は抱きしめたの!?はっきりとした好意もないのにそういうことしない!


そして急な1年後。

いやいやあっさりしすぎでしょう。まだ牧くんが家を出て行ってしまったことが飲み込みきれてないんですけど!?
しかも部長と同棲とは一体!?


どんでん返しすぎてどうすればいいのか分かりません。
別れを告げられたときあんなに愛情のある言葉(ようやく春田から牧くんを思う気持ちがたくさん聞けて嬉しかったです)を投げかけてくれたのに、なぜこんなことに。

同棲だけで付き合っていないとしてもそれはそれでどうなんだ。部長の想いを知ってて同棲はダメよね。

最終回、どこに着地するのか楽しみです。ここまで起きてしまったのだから予想してもしょうがない気がします(笑)