ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

おっさんずラブ 第七話(最終回) 感想

いやいやいやいや見かねてって。

部長住みつき方が見事すぎませんか。
春田の押しに弱いかつしっかりしてない(部長がいることが得)所をバッチリついてます。さすが…なのか。

しかしながら春田自身で色々なことが出来るようにという伸ばしっぷり。いい上司なだけはあります。愛。

春田から見た牧くんは普通の同僚に戻ったなんてそんなわけないでしょうが!
あんなに春田を思って自分の気持ちを偽ってまで離れていったんだぞ!わかれよ!無理か!

上海行きは驚きましたが、スッと引き受けたのも驚きました。意欲的になったってことですね。
部長がついて行こうとして辞めたのは、春田の本当の気持ちに気づいていたからってこともあるのかな。

フラッシュモブは見事でした。春田をイエスと言わせる戦略として(笑)
そうでなくても部長はああいう派手なのが好きっぽいと思ってます。

牧くんの本音。春田を色々なことに巻き込むのが怖くなって自分のために逃げたと。どこまで優しいの。
ちずちゃんとはふられたもの同士で色々言い合ってて、ようやく牧くんの心の中が見えました。牧くん春田のことめっちゃ好きよね。かわいいね。


結婚式でキスをするとなってから思い出される牧くんとの生活。自分の気持ちにどんどん気づかされる春田。

遅い。

でも気づいてくれて本当によかった。

披露宴はキャンセルしてあるという部長の嘘、かっこよかったです。
こうなるかもしれないけど、もし気持ちが自分に向いてくれれば、って思うところはあったのかななんて。
同棲からここまでが春田自身の気持ちに気づかせるための手段にさえ見えてしまいます。さすがに考えすぎでしょうけど。


そして春田からの熱い告白。
春田からの「ずっと一緒にいたい」


よかった。もう本当によかった。君たち最高だ。
もうこの素晴らしさを表現しきれない。


さらにそれぞれの恋愛は動いていて。
一番驚いたのはやはりちずちゃんです。あんなに理想通りの人を落とすなんて実はすごい人なのでは?
マロくんと蝶子さんもいい感じだし、鉄平さんと瀬川さんは微妙な感じですが(笑)楽しそうでよいです。
ふられきった二人も、悲しい顔はしていない。


最後の最後で春田にキスをしにいった牧くん。
「もう我慢しない」というセリフにホッとしても春田があんな反応だったので、「さすがに春田からのキスはないのか…」とこちらを落としてからの床ドン返し&「んなわけねーだろ」でもうなんか限界点を突破しました。


そんなかっこいいことしてくれちゃいます!?好きですけど!?!?

あれはずるい。ホントずるい。
最高のエンディングでした。


このドラマで一番よかったキャラクターは春田でした。
あまりの鈍さに大変腹が立つけど、それでも嫌いにはならない絶妙なかわいらしさというか、うっかり愛してしまうキャラクターをしていて、だから春田はモテるんだな…(今気づいた)。

牧くんもいつも春田第一で、かわいくて、料理上手でしっかりしててあれこれ最高じゃないですか!
途中からもうホント牧くんを幸せにしてあげてくださいお願いしますって感じでした(笑)

NLとかBLとか関係なく、それぞれが本気で愛している。
複雑になっていく人間関係にいい感じにやきもきさせられました。いやもう第六話で部長と同棲し始めたときどうしようかと思っちゃいましたから!
いつまでも煮え切らず流されていた春田の気持ちも、これ以上ないってくらい明確なものになって嬉しかったです。

スピンオフとか過去編とか、春田家へご挨拶編とか(笑)何でもいいからまた見たい!