ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

カラマーゾフの兄弟 第九話 感想

小栗さんも強いですねー。
ずっと使えていた家の人にあれだけの怪我をさせられながら、不満を言うでもなく淡々と会社のカバーを行う。小栗さんはどういう経緯で来たんでしょうね。さすがにそこまでは触れられないかな。

涼くんはくるみちゃんをとてもポジティブにとらえていました。確かに満さんが信頼していて寄り添おうとしてくれたけど、ここまでピュアに思えないなぁ。
黒い感情を抱えていても、それを行動に移すかどうかが分かれ目。
そんなことはしないだろうと、一緒に過ごした時間を思い兄ふたりも強く信じる涼くん。眩しい。

勲さんは満さんの無実を勝ち取るために動き出し始めました。
黒いものでも白くしてしまえばいいというところがまだ引っかかりますが、あれだけ父親に支配されていた状況を思えばまだ明るい。

満さんの逮捕が凶器の指紋だけじゃ弱いのではないかとは思います(家のものだから指紋がつくのは当然だし触ったこと自体は2人も見てるはず)。これに加えてどうやって無実を証明させる方向へ動くのか?真犯人探しを行うのか?
勲さんの思惑が涼くんに知られてしまうことはあるのか。あったらやだなー。知られないままいておくれ…。