ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

サイバー美少女テロメア 第五話 感想

AKIRAに会いにいっても警報が鳴らなかったのが不思議だったんですが、AKIRA自身が抑えていたものでした。
門倉に反発してでもアサギに会いたかったんですね。

門倉がまさか検索すれば出てくるレベルの人物なのに本名を教えてるとは思いませんでした…どうせ心は読み取れないのだから偽名でよかったのに。
あのバリアの中は門倉はいなくて、3Dホログラムのようなもの。
いつ破られてもおかしくないですからあの中にいることが不自然なくらいでしたが、こういうことは考えられるのだから偽名を。

レナは覚醒した人たちが同年代、同地域に集中していることに気づいていました。
覚醒させた張本人が門倉で、実験の後始末をしながら研究を進めていた。
聖台病院の中にいた子どもたち全員に覚醒の可能性があるとなると、サトルにもその可能性があるわけですが、この感じだとそれはないのかな?なんとなくですけど。

シュウはイツミの記憶に入り込んで能力を暴走させようとしました。
自ら手を下さずとも始末したいんでしょうか?それともアサギの能力を恐れてそれ以上のことが出来なかったのか。
自分がいないところで死なれたら能力奪えないですしね。