ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

二夜連続ドラマスペシャル そして誰もいなくなった(テレビ朝日) 感想

原作は未読。映画などの関連作品も未見。事前情報もほとんど入れないまま見ました。
前後編合わせての感想です。

見ている間中ずっとハラハラしてて、録画で見たのでCMを飛ばすと息が詰まりそうでした。けど結末を早く知りたい。
この人が怪しいなぁなんて考えてもあっさり殺され、犯人は誰なのか、もう一人潜んでる人がいるのか、無駄にでんでんさんを疑ったりして(笑)

一番最初に不審に思ったのはケンと元刑事が兵隊が入ったケースしか掴まず台座を調べなかったことでした。ま、これはよく考えたら開けさせるわけにはいかないんですけど、犯人だからこそ台座にはあえて触れないのかと。
次はスマホやタブレットのバッテリーだけが抜かれていたこと。今のスマホはバッテリーが外れないタイプのものが多いのでちょっと疑問でした。海に捨ててしまえばおしまいなのになぜだったんでしょう。

ようやく事件に結びつく不審点は星空さんと判事があまり座席を立たなかったこと。他の人がいなければあれこれ動きやすいですが、判事という先入観からなのか星空さんの方を疑っていました。
犯人が分かってからは銃声がしなかったことも椅子と判事をドクター一人で持ち上げたことも納得がいきました。共犯者がいるとは。

判事があの9人を選んだ理由とどうやって確信を持ったかについての説明がガッツリ割愛されてしまったのは残念でした。そこが知りたかった。罪を犯すにあたって、判事の性格上確信もなく選ぶわけにはいかないと思います。原作では説明されてるんですかね。
判事の独白に迫力があったので、一人だけでも説明してもらいたかったです。

全体的には島にいる人たちのように緊張して見ることが出来て、とても面白かったです。
普段推理ものでもあまり犯人を考えることはないのですが、残ってる全員が怪しく、犯人を示唆する要素もきちんと盛り込まれていたので謎解きも楽しめました。