ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 シーズン4 第十話 感想

舞ちゃんが留学しているという話はしていましたが、まさかプリマを目指していたとは。
あんなに小さかったのに…いや今もそんなに大きくはないでしょうけど(父親が出て来たときは幼稚園生だったので)だからこそお金がかかると思っちゃいますね。

原先生も加地先生も未知子がホイホイ嘘を言う性格じゃないとはいえどんな話かくらい確かめた方がいいのでは(笑)
単純です。

ドクターX4第十話

院長からあっさり謹慎にされておとなしく黙ってると思いきや今度は副院長が雇ってくれました。誰かの言いなりは嫌でしょうけど、手術するにはこの方法しかないですからね。
しかしあの夫婦もこれでいいんでしょうかね。最終的に助かったからいいようなものの、子どもより妻を選ぶなんて。

城之内先生も王から引き抜きの話を受けていました。
「ある筋から聞いた」って、晶さんは一体どんなネットワークを持ってるんでしょう。
零細企業なんて言ってますけど、未知子や城之内先生だけで充分稼いでると思います。どれくらい本人に渡ってるかわかりませんが。
王の所に行きたい理由はやっぱり報酬なんでしょうね。そのためなら仲間から離れる道も選んでしまう。

北野先生、他の人が立候補しなかったものをやれるということで楽しそうですね。
そしてわざと遅れてやってくる。うーん、うざいです(褒)。
しかも胎児のところはやろうとしてやっぱり未知子にやらせるし。自信があるんだかないんだかわかりません。

今回はもう最初から城之内先生が何らかの病を抱えているという雰囲気だったのでわかってはいたのですが、手術中意識朦朧としてしまうまで我慢するなんて。
でも舞ちゃんのことを考えれば休めないと思ったんでしょうね。

次回最終回です。前にも最終回に晶さんを救うなんてことがありました。城之内先生を救い、そしてその後どうするのか。
院長副院長問題までは回らない気がしますが、一体どうなるんでしょう?