読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

ラストコップ THE MOVIE 感想

最初のドラマ版はチラ見、Huluは見ていませんが連ドラ版は全て見ています。
連ドラの後藤木さんのファンになったのでそちらも楽しみに。

パンフレットに書かれている内容についても触れていますのでご注意ください。

ラストコップTHEMOVIE感想

冒頭からやたらと大きな事件で今度は何なの?と思ったら神奈川県警PR映像。3億円かけて実にアホくさい(褒)
これは無駄遣いだと言われているのにアイドル活動はしても大丈夫なんだからすごいですね。

キモ山さんはキモさに磨きがかかっていつの間にかYoutuberに。ここまで再生されてよく気づかなかったものです。けどこうなっていなければ飛行機の操縦も出来なかったんですから、よかったよかった。そういうことにしておこう。
三島さんはある日突然他の人と結婚して、三ヶ月くらい経った頃にキモ山さんに報告してきそうなところが好きです(どんな印象)。

松浦さんの出番は少ないです。パンフレットでも結構大きな扱いなのが不思議なくらい。
映画になってもキャラブレしないように必死ですが、それがブレた時は京極さんを守る時。かっこいいです。

ストーリーは全体的に思ったよりかなりシリアス寄り。京極さんの体の件もちゃんと(?)ヤバいものだし起きようとしてる事件や人工知能に対する向き合い方なんかも真剣なものです。
だからこそというか、ここまでめちゃめちゃにやってきたからこそ、最後は本当に明るく終わってほしかったなーと思いました。京極さんがまた時間を失わなきゃいけないなんて悲しいじゃないですか。一緒に過ごせなかった分だけ、濃い時間を過ごしていってほしかったなーと。あんなに愛されていたのに。京極さんならケロッと帰ってきても不思議じゃないですし、この感じだと続編は出来ないかなという寂しさも込みで。
色々な流れがあってのこのエンディングなのもわかるんですけどね。これは好みかなと。

ちなみに一番笑ったのは飛行機の上で亮太がキラキラしたものを出すところ。
そういったシーンが物凄く苦手なので「こんなところで…!!!」と思ったのですが、キラキラし始めて急に面白くなってしまいました。

エンドロール後のマルチエンディングは結衣ちゃんメイン。先にそれを知っていたからいいのですが、本編ではマルチエンディングであることを全く知らされないのでパンフレットを買うかTwitterなどで積極的に情報を手に入れないと知ることが出来ないのがもったいない。
パンフレットには全エンディングがどんなスタートなのかと、一枚ずつ写真が掲載されていました。先ほど公式Twitterでもいくつか公開されていたのでパンフを買わなくてもどんなものかはわかると思います。