読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

嘘の戦争 第八話 感想

六車はやっぱり罠に気づいてましたね〜。
ターゲットに気づかれてるんですからそれくらいの警戒は必要です。発信器ももう少し気づかれにくいところにつけないと。

嘘の戦争第8話

隆は本当にもう誰も傷つけたくない。それが一ノ瀬さんであっても。
父の言葉だけで千葉=一ノ瀬説を復活させましたがいいんでしょうか。この前会った偽千葉陽一の件は。すぐ本人が言ったからいいようなものの、もうちょっと考えてほしい。
けど楓のこと本当に守ってあげたいんですね。お兄ちゃんです。

晃も楓も隆も本当のことを知ってしまいました。六車さえも。
事件とは関係ない楓まで騙していたのは、同じく関係ないのに殺されてしまった弟の分。
あれだけ騙されたのに楓は未だに一ノ瀬さんの心に寄り添うようにしています。二科家がしてきたことがどれだけの悪か、冷静に判断しています。

六車をまさかとらばさみで捕らえるとは思いませんでした…。あんな見え見えのトラップに引っかかってて大丈夫なんでしょうか。
頭を狙えば良かったのに胸を狙ったということは、わざと生かしてるんですかね。だとしたら何のために。

そして新たな復讐相手は三平さん。
他の関係者とは違う形でしたが、この人も復讐の相手となるとちょっと悲しいです。

百田さんは手を引くと見せかけて隆のところへ。
情報提供とかで協力していくつもりなんですかね?うまくいけばお金にはなりそうです。

ずっと見ててもあまり一ノ瀬さんに感情移入出来ずにいたんですが、今回の話を見ているうちにそれでもいいかと思えるようになりました。感情移入するのは別に主人公じゃなくてもいいんじゃないかと。
三平さんは身の危険があったわけですし、もしやられていたら証拠は一つ消える。なのに復讐というのはどうなのと思います。
隆が一ノ瀬さんの復讐を止め、ハルカか楓がその心を救ってくれればいい。その上で、二科家が犯した罪が公になれば。