ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

実写版 映画 銀魂 感想

単行本が家に何冊かあり(飛び飛び)かぶと狩りと紅桜編の途中まではストーリーを知っていました。
アニメはたまにCSでやってると見たり見なかったり。

非常に中途半端な知識ですが観てきました。

ちゃんと見たことのある漫画作品が映画になるには初めてなんですが、ここまで違和感なくできるのかと驚きました。キャストや雰囲気も全て含めて。
特に菅田将暉さんは癖のあるキャラクターをやるイメージだったので、あそこまで地味なメガネになってるとは思いませんでした。褒めてます。とても。

岡田以蔵だけはもうちょっと渋いというかどっしりとした雰囲気があってもよかったかなと思いましたが、他の皆さんがあまりにも自然で、エリザベスはいい感じに不自然でよかったです。
橋本環奈ちゃんのゲロインっぷりは想像以上でした。鼻をほじるくらいじゃ収まらない。
桂さんは無駄に美しくなってましたが、あまりにも美しくエリザベスを連れていることへのそこはかとないヤバさが増してむしろよかったです。最後のエリザベスパラシュートはまさか原作通りじゃないだろと思ったら原作にも載ってて驚きました。

銀魂をよく知らない人にも優しい解説(何でCDTV)で笑いを取りつつわかりやすく、シリアスかと思いきやとんでもない角度からギャグが入ってきてあっという間でした。
紅桜編のラストもようやくわかって、どうしてこんなことになってしまったんだろうかなんて真面目なことを思ったり。そんなことを考えこむ隙もなく小栗さんの主題歌が入ってきたり(笑)

そういえば落っこちたゴリラさんの行方がわからないまま。土方さんも沖田さんも気にしてなかったから彼らからすればそのくらいのことなんでしょうか。

随所に濃厚なパロディが入ってきましたが、ワンピースもガンダムもナウシカも見たことないのにちゃんと元ネタがわかる作品ばかり。知っていればもっと面白いのもあったでしょうけど、まったくわからないと置いていかれた感があると思うのでチョイスや出し方が絶妙でした。

パンフレットはキャストインタビューや撮影記録などなかなかのボリューム。
武市先輩だけキャラがちょっとおかしかった理由もわかりました(笑)