ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

小さな巨人 第7話 感想

山田から4万円ものお肉のお中元…山田…一体どんな顔してお中元選んで…お中元って時期より前に選んだりするけどいつどんな顔で4万円のモノを…そもそもどうして住所を…?いや香坂さんは官舎とかに住んでるだろうからそこから…わざわざ調べてどんだけ送りたいの山田…一課にいた頃選んだのかな…山田かわいい…。

と本線と全く関係ないところで考え込んでしまう小さな巨人、今回もハラハラしましたね!

山田を早く救出して〜!と思っていたら想像よりも早く出て来れました。使えるものなら何でも使うとはいえお父さんに突撃するとは。記者の人も一緒でしたけどほぼいるだけでしたね(笑)

今度は渡部さんが見張り役。香坂さんに一課に戻ってほしい気持ちと、捜査を進めて犯人を捕まえてほしい気持ちとの板挟みでしょうね〜。辛い立ち位置です。
結局捜査させちゃうんですからなぜ運転手にしたのかわかりませんが、むしろ動かしやすくなったようにも見えます。

まただんだん所轄のみんなも協力してくれるようになりました。
香坂さんだけじゃなく三島さんや渡部さんの力があってこそ。三島さんは無意識に相手の気持ちを動かしちゃうのがいいですね。

早明学園に内偵捜査をさせたのは一課長でした。
誰も教えてくれないような事案を調べて教えてくれた監察官は、やっぱり一課長のこと疑ってるんですかね。三島さんに教えれば香坂さんが調べることもわかってる。

一課長が内偵させて殺人の隠蔽にも関わってるとしたら、最初から横領がでっち上げだってことも知っていたということで。
そういう人たちが自ら手を汚すようなことするかなーと思うので実行犯は別人かもしれませんが関わっていることは間違いない。

けど一度引っ張ってきて一課長の判断で返してしまった。となるともう捕まえる方法がない。

どう立ち向かうのか、一課長の本当の顔は見えるのか。まだまだ楽しみです。