ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

映画 g@me 感想

藤木直人さん出演ということと、なんとなく面白そうだったので見ました。
原作は未読。

映画g@me感想

前半は誘拐犯と誘拐される側が仕掛けた狂言誘拐。
そして二人は恋に落ちる…という想定していた展開だったのですが、誘拐が1時間ほどで終わってしまい、これからどうやって話をのばすのかと思ってしまいました。
まさか、両親と共謀して佐久間さんを動かしていたとは。

最初にガッツ石松さんや椎名桔平さん(二人ともあれだけのために…)が現れて警察があたかも動いてるように印象づけられました。あれは佐久間さんの中にあるイメージだったんでしょう。

それでも惹かれ合っていたのは本当で、佐久間さんは葛城を騙しながら誘拐犯を別に仕立て上げ、自分の身を守りながら海外へ行こうとしていました。
けど最後に千春が選んだのは、自分の身が引き裂かれるより辛い別れ。正当防衛とはいえ妹を殺してしまったことは事実で、変えることは出来ない。
だったらいっそ、事を起こす前に警察に話してしまった方が千春は楽だったかもしれません。全てを知られて法的に判断してくれた方が。もちろん両親がそんなことはさせなかったんでしょうけどね。

後半は怒濤の展開で面白かったです。
仲間さんの明るく恋心を持つようなキャラクターは初めて見ましたが、服装や当時の年齢も相まってとても似合っていました。