ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

母になる 第一話 感想

裕翔くんと直人さんが出演ということで見始めました。
あまりヒューマンドラマは見ないのでちょっとドキドキ。

母になる第1話感想

結衣と陽一が話すのに半年、名前を知るのに半年、時間かかりすぎ!初々しい!
それだけでもお腹いっぱいなくらいなのに、実は陽一が結衣と話したくて本屋に行ってたなんてもう、二人はどれだけかわいいの!?子どもが出来てすぐ子ども用品を買いまくる陽一かわいすぎじゃない!?

ただこの後結婚して子どもが生まれて誘拐されてしまうということを知っているから辛い。幸せそうすぎて倍辛い。楽しそうなほど辛い。

誘拐犯は陽一がきっかけで事件を起こしたけど、誘拐される直前に一緒にいたのは結衣。どちらに責任があるわけでもない。どこにいるかもわからないまま。辛いです。

広がいたあのアパートは一体誰の部屋だったんでしょう。誘拐犯の部屋なら警察が来るでしょうし、空き部屋なら鍵は開いてないと思うのですが…特に解明はしてもらえなそうですけど気になります。

見る前はこういうドラマにハマっていけるのかな、と正直不安でしたが、ちゃんと見続けたいと思えてホッとしました(笑)
失ってしまった時間をどうやって埋めていくのか、どうして広が誘拐された子どもだと気づいたのか…一話完結慣れしているので、もっとゆったりした気持ちで見守りたいです。

4/21追記
一週間待ってる間に落ち着いたのかなんなのか、急にさらっと見でいいか…というモードに突入しました。感想記事はここで終了にしますがドラマは追います!