読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

相棒 Season15 第十一話 感想

国内連続ドラマ 国内連続ドラマ-相棒Season15

中園参事官も大変ですね…。
部長の虫歯のことなんか知ったこっちゃないですし、責任は参事官に取らせようとする。
いつも通りと言えばいつも通りなんですけど。

参事官の家族が出てきました。娘に煙たがられたり、奥さんに放っておかれたり、何ともベタな感じ(笑)
それが事件解決のきっかけになったからよかったです。
特命ならなんとかしちゃうんじゃないかって思ってくれてるんですよね。ひっそり部長の椅子も狙ったりして、かっこいいよ照生!

青木さんは副総監に特命の情報を渡していました。
副総監は特命のことを探らせるために、はたまた潰すために警視庁に入れたんでしょうか。最初から二人が手を組んでいた可能性もあります。

右京さん曰く参事官と刑事部長はスリリングな関係。
結局元のペコペコ参事官に戻ってしまいましたが、またいつ爆発するかわかりませんからね。
参事官だって警視正なんですから警察内ではそれなりの立場なんでしょうけど、まったくもってそう見えないです(笑)

「導火線に火をつけてしまった」とありましたが、どこかでまた副総監が絡んできそうです。
脅迫を受けていた件もその時詳しく聞けるのでしょうか。
娘さんときちんと話が出来たのかも気になります。特命には心を開いてくれたようですが…。

映画版の宣伝、とうとう捜一まで絡んできました。
このままだともう一組くらい出てきそうですが、課長と大木さん小松さんですかね。刑事部長と参事官でも面白そうです。