ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

相棒 Season15 第十六話 感想

北のことは完全に忘れていましたが、話が進むにつれ徐々に思い出しました。
それでもボンヤリだったので視聴後公式ホームページのストーリーを読んでみました。
(シーズン14第12話のネタバレはします)

「そんなこともあったなぁ」くらいの気持ちでしたが、この回は衝撃的でした。
陣川くんが珍しく好意を向けた女性に振られなかったのにその女性が殺されてしまって、復讐のために生木を手にかけそうになってしまう。
今、日本に陣川くんがいなくて本当によかったです。そして元気そうというか相変わらずで安心しました。
経理なのに研修に行く必要があるのかはわかりませんが、刑事願望が強いから立候補していそう。
ロンドン警察に日本の警察官についておかしなイメージがついていないか心配ですが(笑)

特命は珍しく捜査会議にいました。
イタミンから資料を渡されたり、今回はあまり煙たがられていません。青木のことはいつもどおりテキトーに扱ってますが(笑)
一応特命に捜査情報を流さないように言われてるんですね。

北は人のために人殺しをした。それどころか愛情を持った相手も手にかけた。
まさか有村さんまで協力者とは思いませんでした。利害関係ではなく北を想う人がいたなんて。

でも北が背中を押さなければ誰も殺さなかったでしょうし、毒を飲むこともなかったかもしれません。
誰かのためとはいえ、それは自分が火をつけたこと。

イタミンに執着してるのはあまりクローズアップされませんでした。
わざわざ指名してスマホを渡すくらいだからもう少し何かあるかと思ったんですけどね。