読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

科捜研の女 SEASON16 第十二話 感想

国内連続ドラマ 国内連続ドラマ-科捜研の女SEASON16

珍しく土門さんが出張へ。
わざわざ蒲原くんのことをお願いするなんて部下思いです。

呂太くんのタメ口、あまりにも誰も触れないので諦めたのかと思ってましたがどうも本格的に諦めたようです。
所長も亜美ちゃんに言うだけじゃなく自分で注意しないと。その程度で直るとも思えませんが(笑)

風丘先生には徹夜させておきながらお礼もなし。お礼は言わないと!
だんだん使われ方が荒くなって、相棒の米沢さんみたいになってきました。どのみち労うときはちゃんと労ってほしいです。お礼大事。

本部長久々に出てきたと思ったら防犯カメラに映り込んでました。「見事なハゲだね」って、あの白いマフラー、本人的にはめっちゃ決まってるんでしょうね。
結局目撃証言が鍵になりましたから、ただ眺めてたおじさんではありませんでした(笑)

簪に盗聴器というなかなか斬新な盗聴方法。けどこれなら相当なことがなければ気づけそうもありません。見事。
席を外せば聞き放題ですからね。

兵藤さんにはマリコさんがいい女に見えたようです。土門さんは「?」でしたが(笑)
「鳴かぬ蛍が身を焦がす」と言われてましたが、そういう感じにも見えないんですよね。かといって再婚話に動揺しないわけじゃない。不思議な関係です。