読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

視覚探偵日暮旅人 第二話 感想

国内連続ドラマ 国内連続ドラマ-視覚探偵日暮旅人

旅人が目の感覚しかなくなったのは5歳の時。監禁されていたのが原因でした。
そんなことになるくらい心がダメージを負ったこと、今記憶の蓋をあければ心が壊れてしまうかもしれないこと、旅人は完全に隠して暮らしています。
陽子先生がどうにか、心を開かせられればと思いますが、まだまだ頑そうです。

ゴールデンレトリバー
先生の料理下手はもうどうかしてますね。
作り立てのチャーハンからそんな香りをさせる方が難しいです。何を入れてるんでしょう。
ノミノピザも飲食店とは思えないロゴでした。

刑事二人は旅人たちのことを怪しがっていますが能力のことは信じてなさそうです。
増子さんはやばい捜査をしている割には頭がいいと言いますか、しているからこそ頭がいいのかもしれませんね。自分は江園の家に入りたいし、旅人も入りたいならやっちまえと。

犯行の動機は行き過ぎた愛情。
愛情が引き金だったのに、人からの愛情には気づけなかった。悲しいです。
江園は殴られた上に監禁されてもなお、凛子さんのことを待つようです。帰ってきたときには、暖かく受け止めてもらえそうでなにより。
さくらちゃんも自分を誘拐監禁した凛子さんを好きでいてくれるみたいで、いい子すぎます。もっと早く心を開いて向き合えていたらな。

雪路は実は政治家の息子でした。
お父さんは雪路が探偵業をしていることも知らないのでしょうか。