ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

視覚探偵日暮旅人 第三話 感想

「俺でも知ってるってことは猿でも知ってるってことですよ!」って、亀吉も自分がいかにアホなのかという自覚はあるみたいです(笑)
それでも知ってるくらいなんですから超大物ですね。
とりあえず写真を撮りたがったり空気の読めてない感じが最高にアホです。最高。

ウェルカムベア

今回は旅人の両親について明らかになってきました。
事故に見せかけた殺人の疑いがあって、お父さんは雪路の父親の秘書をしていた。雪路と一緒に探偵業をしているのも、雪路家について知りたかったからですかね。先に雪路と知り合ったのか、雪路家について知っていたのか。

亀吉は見事な花嫁ぶり。あの状態でバレなかったのは奇跡です(笑)ムキムキ花嫁。
涙もろい家系というのは本当にそうだったのか演技だったのか言われませんでしたが、あの様子だとたまたまっぽいです。

勝彦さんは戸籍がないままでしたが大丈夫なんでしょうか…奥さんは了承済みとしても、戸籍上は母一人。周囲にはバレなくとも子どもにはいつか話さなくてはならなくなるでしょう。それも全部背負っていくほどの覚悟を持って一緒にいる。幸せではあるんでしょうが、複雑です。

雪路が言った「一緒に笑うのは簡単なんだよ」という言葉。本当は一緒に泣いて悩む方が大変だってこと、自分に言い聞かせてもいるし、愛歌さんにも本当に幸せになってほしいのが伝わってきました。
旦那さんも色々理解してくれて、いい人でよかったです。
結婚式の日に花嫁以外の人とキスするとは思ってなかったでしょうけど(笑)

やばいスキャンダル満載の山田手帳は旅人のところにやってきました。
両親を殺した人への復讐と、自身を誘拐した人物への復讐。じわじわ始まっていくとして、相手に何をしたいのでしょうか。