ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

警視庁捜査一課9係 Season12 第一話 感想

もう5シーズンくらいは見ています。
毎シーズン毎シーズン浅輪くんと倫子ちゃんはいつ結婚すんの!?と言いたくなるような関係性を続けていましたが、とうとう式場予約の話を始めました。急ですね!?

警視庁捜査いっか9係12第1話感想

けど倫子ちゃんがエアメール?を持って何か話そうとして所で早乙女さんから電話。もしかしてまた延期になってしまうのか…。
倫子役の中越さんが妊娠されているので、あまりたくさん出演させられないと思うのです。となると海外に行っちゃってもおかしくないような。浅輪くん早く話を聞いてあげて!

係長、一体どうなってしまうのかなと思っていましたが、警視総監直々の命で内対改造準備委員会のアドバイザーとの兼任になっていました。
それが寂しくならないよう、「面倒だから村瀬さんだけ知らされていなかった」というのを放り込んできてちょっと安心しました。ぐだぐだ言うのも小宮山さんの読み通り。

園田さんは何というか…かなり自由なキャラクターですね。新しいセミレギュラーがいるのは知らなかったので驚きましたが、賑やかになりそうでよかったです。

黛さんは出で立ちが犯人みたいで(決めつけ)最初疑っちゃいました(笑)
レギュラーなのは知ってたんですけど最終的に悪人もアリかななんて…でも係長の事を敵視しているあたりでちょっと冷静さがなくなったのでそんなこともなさそうです。
この人の登場で早瀬川さんが現場に出る事が増えそう。

初回からいつも通りでしたが、やっぱり係長がいないのは寂しいです。係長が気にしていた事から事件が解決するという流れでしたが、事件は無事に解決して。
浅輪くんの単独行動が増えてしまうのも気になります。