ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

そして、誰もいなくなった 第四話 感想

いつの間にか3日も居候してる。
日下くんと新一ののんびりした風景はいいですね。朝ご飯一緒に食べて、いってらっしゃいって送りだしてあげて。
ずっと不穏な空気なので、一時的にでも。

万紀子は色々知ってそうだけど、どこまで知っているやら。
雰囲気はかなり怪しいけども、お母さんまで怪しいなんてなぁ。

テレビ局の前で待ち伏せしてたけど、警備が甘くないかい。
どうでもいいですが車のナンバーがオシャレ字体なのが気になります。さすがに何の関係もないでしょうけど(笑)

黒五木くんは誰に言われて待ってたんでしょう。馬場さんがどうにかしたのでしょうか。

そして斉藤。
ナイフを取り出した時点で「あぁもう殺されるな」と思ってしまうほどの死亡フラグ。
うっかりもみ合いになって早苗に目撃されるというミラクルですが、いくら何でも都合がよすぎないですか。
犯人の思惑通りだとしたら相当です。「斉藤の怒りを新一にぶつけさせる」くらいはまだわからなくもないですが、場合によっては新一が死んでしまうかもしれないし、他の目撃者がいる可能性もある。さらに早苗に目撃させないといけない。説明がつくようになっていることを願います。

日下くん突然の告白。
「僕も」って、一体いつ新一のパーソナルナンバーがないことを知ったのでしょう。
かえって怪しいです。

これだけのことが起きると、今信用出来るのは警察関係者だけになってしまいました。
鬼塚警部に裏切られたらさすがに泣きます。