ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

IQ246〜華麗なる事件簿〜 第四話 感想

Mのことは警視総監も知っていることなんですね。もちろん賢丈も。
森本さんかなーと思って改めて見ると、普段はネイルをしていなかったり(監察医なので当たり前ですが)、髪もMは内巻きにしてたり、ちょっと違う感じでもありますが、それは「監察医からMになる方法のひとつ」みたいなものなのかな、と。

また睡眠薬を飲まされて、疑わなさすぎです。睡眠薬と体の関係を心配していましたが、娑羅駆ならそのあたり影響のないものを作れるような気がしてきました。

まさか土門がお父さんだなんて思いませんでした。
…ていうか、何か匂わせるようなことありましたっけ?
前回もですが視聴者が「そうなの!?」と思うことがいかんせん多いです。あまり自分で推理することにはこだわりませんが、急に出てくる大きな事実があるのはちょっとなー。
話自体は「娘を助けるために父が自らしたこと」という意外な展開でとてもよかったのですが。うーん。

これはさすがに考え過ぎとも思うのですが、土門役の金田さんはテレビ朝日の「科捜研の女」で土門刑事の上司の役なんですよね。土門賢治と土門刑事。かけているのかいないのか。他局な上に放送中ですしね。微妙です。