読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

相棒 Season15 第七話 感想

イタミン、珍しくちゃんとした理由をつけて追い返そうとしたのに失敗しちゃいました。
冠城さんの方も結局そのまま張り込みして捜査し始めましたし、裏目に出ますね(笑)

青木さんが見事に機転を利かせてくれました。
参事官のかわし方もさすが。というか参事官も右京さんの手のひらの上です。扱いやすいと言いますか。

わざわざ特命を誘拐事件の捜査に呼んだ真意はわかりませんが、捜査能力は買ってるということなんですかね?
そのあたりが表に全く出てこないのでずーっと怪しんでいます。うーん。

所轄の警察官まで巻き込んだ狂言誘拐を発端とした事件とは。
最初の父親の狂言だけでなく内部からも情報が漏れていて、警察として大丈夫なのでしょうか…。
右京さんがいなければみすみす犯人を逃がしていたでしょうね。青木さんのおかげではあります。

ずっと美奈子さんが怪しくて、本当は広大くんのほうが亡くなっていて犯人の一人?と思っていました。
まさか亡くなった翔太くんの幻覚と話していたとは。

さすがに幻覚を思いっきり映したり触れたりするのはどうなんでしょう。視聴者からは全くわからないですから。
「実はずっと触れていなかった」とか「他人には見えていない」「幻覚側が映らない」ということで成立するものだと思うんです。あれではただ混乱するばかりで…。
広大くんのお父さん、所轄の警察官という二重の協力者とか、捜査情報が漏れてることを利用するのは面白かったんですけどね。