ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

THE LAST COP/ラストコップ 第八話 感想

いきなり派手なシーンから始まったのでまた夢とかかな〜と思ったらまさかの事実。

斉藤由貴さんもよくこんな意味不明な設定のドラマに出てくれましたね(笑)
テレビで歌をお聴きする機会もほとんどないのに。しかも亮太は目覚めちゃうし。
歌詞とはなんの関係もないのでどうしてこの選曲なのかわかりません。

ラストコップ

本部長もこのテンションだと本当にただの刑事ドラマ好きみたいですね。
さすがに亮太の件で多少落ち着いてるみたいですが、むしろそれを松浦さんに利用されています。

京極さんは家も追い出されて、まさかのホームレス暮らし。
鈴木家も頼ればいいのにと思ったらちゃんと加奈子さんが心配してくれてました。他の家族は知らないのでしょうか。心配かけないようにですかね。

中央署のみんなもしっかりと捜査してくれて、なのに一人で乗り込んじゃう。
あの構えっぷり(警察に居場所が知られているのに動かない)だったら絶対松浦さんたち待ってた方がよかったですね。結果オーライな感じですけど、亮太は不死身じゃないですから(笑)

スタジャン干したり卵を補充したり歯ブラシ用意したり、全部亮太がやってたってことですよね。
京極さん至れり尽くせりですし、亮太もよく本気で嫌にならないものです。

そして最後、若山は松浦さんを連れてどこに行く気なのでしょう。
京極さんのピー音のお願いも気になっているのですが、それと関係あるんでしょうか。もし関係なければ大事件です。