ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

視覚探偵日暮旅人 第四話 感想

あの手帳の中から見えるものは感情だけではないようですが、あれは旅人の記憶なのでしょうか?記憶の中にあるものが甦ってきて、それが精神的なストレスに繋がっている。ということですかね。
白石はそれに何らかの形で関わってる。ただの駄目上司だと思ってましたが裏の顔を隠すための振る舞いかもしれません。

榎木先生は頼りになるやらならないやら(笑)病院内なのに照明にこだわり過ぎです。
増子さんに情報を渡したということは取引成立、旅人や雪路のことは探らないでいてくれるでしょうか。何でもかんでもやりそうでこわいです。一緒に家を捜査するあたりではいい協力関係ですけどね。

灯衣ちゃん亀吉榎木先生の嘘が下手なのかわいかった〜!全員隠す気あるのか!という下手さ。
ほのぼの系かと思いきやシリアスムードが続いてるので、こういう息抜きは嬉しいです。

リッチーが言うには灯衣ちゃんはこの人(もしくは関係者?)からの預かりものであり商品だと。商品。一体どういうことでしょう?灯衣ちゃんの本当のお父さんに何かあるとか?

ヒカル・レイが使っていたドラッグを吸ってしまったのか、雪路にも何やら怪しげなものが見えました。あのドラッグと旅人の目には何か関係がある。となるとリッチーにも。
どんどん謎が深まっていきます。