ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

バイプレイヤーズ 第七話 感想

窓に超くだらないことを洗剤で書いちゃうエンケンさん。
しかも松重さんに言われて口に出しちゃう(笑)
何このおじさまたち。いいシーンです。

他にもエンケンさんが「えっ」というセリフに延々悩んだり、光石さんは袋とじをあけて文句を言ったり、トモロヲさんは入浴剤を楽しそうに選んだり、日常(?)が盛り込まれていました。

寺島さんは最初のイメージが警察官(京都地検の女)だったので、どちらかというと「正義感ある気のいいおっちゃん」のイメージの方が強いです。"見た目は完全に悪人だけど警察官"みたいな役を多く見ています(笑)

あの兄妹は"悪役でもかっこいい寺島進"が好きなんですね。
本人を知った上で演じる役が好きだし、好きなことを誇りに思っているようです。

松村さんのモノマネ、すごく似てますね!
今回の予告の声も本人かと思うくらいでした。似すぎてこわいです(笑)

そして最後にとんでもないことが判明。
七人の侍そのものが嘘!!!
(追記:嘘というか消えたのを黙っていました。それにしてもやり過ぎです)
バイプレイヤーズに関して勘違いはあったにしてもここまでしているとは思いませんでした。
ジャスミンも作品関係者でもなんでもない人。

漣さんは何の意図でそんな嘘をついたのか。バイプレイヤーズ以外に理由があるんでしょうか。