ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第九話 感想

休みなのに職場に来て、将棋のトーナメント戦(3人なのに)とおいしいランチ。
仲良しか。仲良しなのか。みんなかわいいな。

稲見さんはとうとうお外デート。
映画ではガッツリ寝てましたがデートそのものは成功だったようで何よりです。

忙しいと理由をつけて彼女がバーに来ないように仕向けて、優しいけどちょっと切ない。
結城を相手取るとどうなるかわかってるからこそですからね。

一方田丸さんはひとりコーヒーを飲んで寂しげ。田丸さんにも楽しいひとときをあげてほしい(笑)

特捜班の部屋の「E」がエマージェンシーコールの合図なんでしょうね。よく出来てると言うかこんなことまで想定されて大変。
けどUSBに小細工も出来ず、爆弾だけを置いて逃げられてしまいました。

誰も致命傷を負うほどではなさそうですが、一体どうしてその程度の規模のものを仕掛けてきたのか。
冒頭に出てきたシーンも爆発のあとのようでしたし、このときのことを思い出させるためだから?そもそもあのシーンはどういう話なのかもわからないのでまだ何とも言えません。

結城を止めて、稲見さんの過去を知りたいような知りたくないような。きっと悲しい話になるじゃないですか…。