ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

FINAL CUT 第八話 感想

前から思ってたんですけど、真犯人について随分決めつけたまま行きますよね〜。
そこまで確定しちゃった言い方でいいのかなっていうくらい。

結局かなり黒いんですけども。
とはいえ明確な物的証拠はなし。

7年前の失踪は事件を起こしたからだとして、12年前の事件は祥太の犯行に見せかけたと考えられなくもないわけですが…うーん?
かといって今更別の人が真犯人となると相当納得のいく理由が必要です。

大地くんは高田さんとご対面。
初対面なのにおごりだからっていいもの食べようとする大地くん…本来は人懐っこい性格なんでしょうかね。潜入ばかりで慶介以外とのちゃんとした会話がなかなかないからなぁ。

プレミアワイドは協力関係になるチャンスを与えつつ、それを断った途端に慶介を追う方向へ。
慶介ヤバいこと色々しちゃってるからね!追われることに気づけるだろうか。
小池さんは最後まで良心があって救われます。結局やらされるんだからかわいそうでもあります。

若葉ちゃんは女の勘がとてもいい。超怖くなってきました。
祥太とのチャット、特に若葉を警戒するわけでもないのも気になってるんですが、本当に祥太なんですかね?じゃあ誰なんだってなっちゃいますけども。

最後の包丁刺さってたのは若葉ちゃんの自作自演でしょうねー。
とはいえ包丁が家のもの(多分)、指紋もない、チャットの内容を見られれば慶介を陥れる動機が明確、となると慶介の犯行と決めつけられはしなそう。面倒なことにはなるけど12年前の事件が表沙汰になるチャンスでもある。
あとは小河原家がどう動くかかな。雪子さんは表に出さずにはいられないでしょうし、もう全員で共有してしまった。

次回最終回。
プレミアワイドとスタッフがどうなるか、慶介は脅迫などで裁かれてしまうのか、大地くんはどうなるか。
慶介と雪子さんはある程度やってほしい。小河原家の変化とともに。
あともちろん12年前の事件の全貌が見えること。スペシャルとはいえ全部入ってくれるかなー。