ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

カラマーゾフの兄弟 第七話 感想

満さんが家にいたかー…。

小栗さんはただ巻き込まれただけだった、とはいえあそこまではっきり証言されちゃうとね。
満さんが父親を殴っていた事は明らかなわけで。

くるみちゃんを守ろうとした。そしてそれにくるみちゃんも乗ってくれた。
満さんが犯人じゃなければ、小栗さんを殴ってなければ、逃げ切れたのかな。それとも父親に見つかっていたのかな。結局縛られたままだったかもしれない。
くるみちゃんが話に乗ってくれたのは、見ていて嬉しかったです。


涼くんがアリバイを話さない理由は、杉卓工務店を守るためでした。よかったー。
あの資料がなくなれば本当に大丈夫なのかもわかりませんが、涼くんは涼くんなりのやり方で、杉卓を守ろうとしていたんですね。そして杉卓の子どもからも信頼されていた。

アリバイ成立。涼くんは犯人じゃない。


満さんは逮捕はされちゃいました。
証拠が出たとはいえ、父親を殴っていたというのは事実だから犯人を特定出来るものでもないと思うんですけどねー。


もし満さんが犯人だとしたら、あんな意味ありげな事にはしないような気がします。
わざわざあんな形にするってことは恨みの形が違うというか、もっと計画的で執念深い感じ。
となると、誰が?