ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

嘘の戦争 第四話 感想

隆が三平さんに会いにきてしまいましたが、ちゃんと追い返してくれました。
人の良さそうな雰囲気なのでどうしようかと思いましたが、子どもたちを守ろうという気持ちが強いんですね。
安心しましたが、一ノ瀬さんのことを何か怪しんでいるような眼差しだったのが気になります。

USBメモリ

晃には「他人だったらとっくに切り捨ててる」と言っていました。彼を守ることは、兄弟愛よりも二科コーポレーションを守るためなんでしょうかね。前はこんなじゃなかった、とも言われてますが以前はどんな人だったんでしょう。
あんなに怪しんでる割にはUSBをあっさり繋いでて(せめて他のパソコン使うとか)相変わらずアホなんだか賢いんだかわかりません。

カズキくんは鳥にキレちゃってます(笑)「真似すんなよバカ!」ってもう、鳥に翻弄されてて詐欺師として大丈夫なんでしょうか。
このドラマナンバーワンの癒しキャラだと思います。やってることは犯罪ですけど。

百田さんにまさかの裏切りを持ちかけられましたが、乗っかるとして一ノ瀬さん相手に騙せますかね。
そもそもその裏切りを一ノ瀬さん相手に出来るんでしょうか。信頼関係があるとはいえ詐欺師同士ですから想定してると思いますが、どちらが相手を騙しきれるのか。面白そうです。

バカ息子はまーバカでした。もみ消しも知らなかったなんてどう処理されたと思ってたんでしょう。
出資の話もホイホイ信じて、騙しがいがないです。

新たに「むぐるま」という人が出てきました。漢字で書いたら「六車」でしょうか。数字とそれぞれの役割に何か繋がりがあるのかなと思ったりしていたのですが、六反田先生とかぶってるんですよね。うーん。