読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

科捜研の女 SEASON16 第十三話 感想

国内連続ドラマ 国内連続ドラマ-科捜研の女SEASON16

サッチャー錯視、不思議です!亜美ちゃんの写真をひっくり返した時驚きました。
なかなか逆さまになって人を見ることも逆さまの人を見ることもないですけどね(笑)

科捜研の女16第13話感想

犯人はてっきりデイトレーダーをしていた男性の方だと思っていました。犯罪グループが出てくると同性同士だと思いがちです。強盗犯が女性という話も(ドラマとして)ほとんど見ないので…。
沙也加さんを犯人に仕立てようとしただけでなくバレたら殺そうとするなんて、自分勝手にもほどがあります。あのデイトレーダーの人、結婚してなくてよかったです。疑って申し訳ない。

八幡さんが似顔絵捜査をするのは12年ぶりということでしたが、沙也加さんの心が壊れていなくて本当によかったです。
混乱した状況で追いつめた張本人でもありましたが、その中でかけられた言葉は忘れていなかった。それどころか支えになっていた。本当は当時にわかり合えるのが一番でしたけどね。

あの感じだと似顔絵捜査に復帰してくれそうです。マリコさんに似顔絵について教えていましたが、マリコさんの絵心はどれくらいなんでしょう…見たいような見たくないような(笑)凄い上手いかとんでもなく下手の二択なイメージです。