読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ、映画の感想置き場。

基本ネタバレしてます。

THE LAST COP/ラストコップ 第十話(最終回) 感想

白い巨塔からスタートしました(笑)
京極さんはかなり顔が知れ渡ってるようですね。もう潜入捜査は無理そう。
今回の潜入捜査は本部長の思いつきでしたが(とはいえ銃向けてますけど)、この内容なら女子二人は完全に必要なかったですよね。コスプレ要員?

鉄塔

生放送には勢揃いさせたかったんでしょうが、清美さんも無理矢理登場して来ました。
あの本部長だからこそ許される行為。このことに違和感がないのが凄いです。

いくら何でも大きな失敗はないでしょうと思っていたらリビングの生放送!
途中からちょっとおかしな雰囲気になってきて、京極さんを唐沢さんって呼んじゃったり、誰が悪いとか言い始めたりめちゃめちゃでした(笑)
これはこれで面白かったんですが、「キスする予定だった」とか言っていたので本当はどうなるはずだったのか物凄く気になります!DVDやBDに入れてもらえたとしてもそのために買うのはなかなかキツいです。

松浦さんは京極さんを犬死にさせたくない。
最初はあんなに毛嫌いしていたのに変わりましたね。嬉しいです。
そして生放送でもミスをしない(笑)

三島さんは若山の写真を楽しむだけでなく発信していました。
それでもかわいいと思わずにはいられない若山。アホです。でもわかります。

今回は犯人が一番まともだったような気がします。
あんなに真面目に事件を起こしてるのに京極さんがむちゃくちゃで、なんかもうすいません!って思ってしまいました。どんな知能犯も京極さんの前ではアホくさくなってしまいます。

京極さんはちゃんと生き返れました!
欲を言えばどんな割合だったのか見てみたかったですね〜。もし死んでしまうが選ばれたらどうなっていたのかも。
映画版に続くんですから甦りませんでした!とはいかないですしね。

ラストにはまさかの三島さん若山でデートしてたり、京極さんの体に異常が見つかったり、映画への伏線も満載でした。そのわりには映画まで期間が!あきます!

最初は「何だこれ…」と思って見ていましたが、見事な世界観でツッコミどころもほとんどなくというかつっこませないような展開でした。怪しかった本部長がただの刑事ドラマ好きとか、ラストコップでなければ成り立たない設定がたくさんありました。あと藤木さんは笑うと超かわいい。

これだけやっちゃうと映画版では一体どうなるんでしょう?
アクションは十分派手ですし市民を巻き込む展開もやってしまいました。果たしてどこへ?